100 Makoto Tamada Official Website

Asia Road Racing Championship
いよいよ迎える今季最終戦
いよいよ迎える今季最終戦

玉田誠が今週末、カタール・ロサイールインターナショナルサーキットで今季最後のレースとなる、2014 Petronasアジアロードレース選手権最終戦に出場をする。アジアの若手ライダー育成を目的に、玉田は2012年からアジアロードレース選手権(ARRC)に参加。初年度はアジアドリームカップのコーチとして約20名のライダーたちの育成に …..

玉田誠、最低限の仕事をしたタイ
玉田誠、最低限の仕事をしたタイ

世界選手権や国内選手権などが軒並みシーズンを終えたが、アジアロードレース選手権はこれからがシーズン終盤。全6戦で戦われる同選手権はチャンピオン争いに拍車がかかっていた。玉田誠はシリーズ第4戦を終えた時点でランキングトップの藤原捷昭選手(Kawasaki)とは34ポイント差のランキング3位。どうにかその差をできるだけ縮めて、カタールでの最終戦を迎えたいと思っていた …..

ARRC第4戦鈴鹿は2位と5位
ARRC第4戦鈴鹿は2位と5位

シリーズ第3戦に続き、日本での開催となったアジアロードレース選手権第4戦。その舞台となったのは玉田誠、そしてHonda勢にとってのホームコースと言える三重県・鈴鹿サーキット(全長5.807km)。玉田にとってはHonda CBR600RRで初めての鈴鹿となった …..

オートポリスで今季初優勝!
オートポリスで今季初優勝!

長いインターバルを経て迎えた2014 PETRONASアジアロードレース選手権シリーズ第3戦。シリーズは戦いの舞台を日本に移し、次の第4戦鈴鹿ラウンドまで日本での連戦となる。その第3戦は大分県・オートポリスで開催された。オートポリスでの一番の心配点は天候。標高900Mにあるオートポリスは山の天気らしく、濃霧が発生することでも有名…..

玉田、不満のセッティングも予選5番手
玉田、不満のセッティングも予選5番手

今週末、大分県・オートポリスで開催されている、アジアロードレース選手権シリーズ第3戦。その公式予選が、雨と霧が心配される中開催された。玉田誠は、昨年のオートポリス大会が怪我で欠場していたため、同選手権からオートポリスでのレースは…..

天候との戦いとなったシリーズ第2戦
天候との戦いとなったシリーズ第2戦

シリーズ第2戦をインドネシア・センチュールインターナショナルサーキット(全長3.964km)で迎えた2014年FIMペトロナスアジアロードレース選手権。インドネシアにしては暑くない天候となったレースウィークではあったが、それでも日差しが刺せば、33度近くなった。玉田は初日から快調な走りを見せて行った。玉田は初日から予選が行われた2日目で足回りのセッティングはまったくいじらず、タイムを上げて行った…..

玉田、インドネシアでの予選は転倒も5番手
玉田、インドネシアでの予選は転倒も5番手

2014年アジアロードレース選手権第2戦の公式予選はインドネシアらしい暑い天候の中で開催され、玉田は午前中のフリー走行3回目では予選でタイヤを2 セット使用するために、タイヤを温存。昨日からの……

アジア第2戦が開幕。玉田は初日から好調を維持
アジア第2戦が開幕。玉田は初日から好調を維持

インドネシア・センチュールインターナショナルサーキットで開幕をした2014Petronasアジアロードレース選手権第2戦。その初日が開催され、玉田はフリープラクティス1回目から好調ぶりを見せた…..

玉田誠、今季初表彰台を開幕戦で獲得
玉田誠、今季初表彰台を開幕戦で獲得

2年連続でMuSASHI Boon Siew Honda Racingからアジアロードレース選手権スーパースポーツ600クラスへのフル参戦をする玉田誠。昨年は鈴鹿8耐での怪我が原因で悔いの残るシーズンとなった玉田は、新たな気持ちで2014年シーズンに挑む決意を固めていた…..

2014年開幕戦はフロントローから
2014年開幕戦はフロントローから

アジアロードレース選手権シリーズ第1戦SS600クラスの公式予選が土曜日に行われ、玉田誠は自己ベストとなる1’05.385をマーク。フロントローとなる予選3番グリッドを獲得した。予選開始直後から玉田は快調にタイムを刻んでいく…..

玉田、初日から好調をアピール
玉田、初日から好調をアピール

2014 ペトロナス・アジアロードレース選手権がマレーシア・セパンインターナショナルサーキットで開幕をした。同シリーズへフル参戦2年目となる玉田誠は初日から好調ぶりを見せた…..

玉田、今週末セパンで開幕へ
玉田、今週末セパンで開幕へ

2年連続でアジアロードレース選手権シリーズにフル参戦をする玉田誠。その玉田にとって、待ちに待った今季の初レースが今週末、マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで開幕する。今年もフルコースではなく、コース前半のノーストラックを使用して戦われる…..

玉田、開幕に向けて準備万端
玉田、開幕に向けて準備万端

いよいよ2週間後に開幕を迎える2014年Petronasアジアロードレース選手権。参戦2年目となる玉田誠はその開幕に向けた準備を進めていた。玉田が参戦するSupersports 600クラスは過去最高のエントリー台数になる見通し。玉田のチームメイトで昨季のチャンピオンであるアズラン…..

ARRCプレシーズンテスト2日目
ARRCプレシーズンテスト2日目

プレシーズンテストの2日目を迎えたセパン。初日とは異なり、快晴となったこの日、気温、そして路面温度も上がる中でのテストとなった。玉田はこの日の最初のセッションで、昨年の開幕戦でマークして自己ベストに近いタイムをマーク…..

ARRCプレシーズンテスト初日
ARRCプレシーズンテスト初日

玉田誠にとっての2014年シーズンが始まった。玉田が2年目の参戦となるアジアロードレース選手権がマレーシア・セパンサーキットで3月4日~5日で開催される。アジアロードレース選手権は2012年に清成龍一がチャンピオンを獲得、そして昨年は玉田誠が参戦と話題性が豊富…..

アジアロードレース選手権へのフル継続参戦が決定
アジアロードレース選手権へのフル継続参戦が決定

この度、玉田誠がMUSASHi Boon Siew Honda Racingからアジアロードレース選手権スーパースポーツ600クラスへ継続参戦することを発表させて頂きます。玉田がアジアロードレース選手権にフル参戦するのはこれで2年連続となります。

万全ではない中で、レースを完走
万全ではない中で、レースを完走

7月に開催された鈴鹿8耐のフリー走行で転倒をし、負傷した玉田誠。その影響でシリーズ第4戦、第5戦を欠場していた。ダブルウィンを果たしたインドでの第3戦ではランキング2位と十分にチャンピオンを狙える位置にいた玉田ではあったが、その2戦連続の欠場で、タイトル獲得は消滅していた…..

オートポリスラウンドも欠場が決定
オートポリスラウンドも欠場が決定

先週、鈴鹿で開催されたアジアロードレース選手権第4戦で初日に走行はしたものの、チーム判断で棄権をした玉田誠ですが、その後チームと一緒にオートポリスへ移動。オートポリスで今週開催される同シリーズ第5戦出場に向けての準備をしました…..

鈴鹿ラウンドは棄権
鈴鹿ラウンドは棄権

鈴鹿8時間耐久ロードレースの2日目に転倒をし、その後驚異的な回復を見せ、アジアロードレース選手権第4戦鈴鹿大会に出場を決めた玉田誠。初日に3周の走行をしたが、満足行くライディングができず、怪我の影響がまだ大きいため、チームが危険と判断。今鈴鹿大会を棄権することが決定した…..

驚異的な回復力を見せ、鈴鹿でのリベンジへ
驚異的な回復力を見せ、鈴鹿でのリベンジへ

7月に行われた鈴鹿8時間耐久ロードレースの2日目に転倒をし、左手中指切断、左鎖骨・肩甲骨骨折、そして左脚関節骨折で全治3ヶ月と診断された玉田誠は驚異的な回復を見せ、8月30日から鈴鹿サーキットで開催するアジアロードレース選手権第4戦の出場することが決定した…..

玉田が退院
玉田が退院

7月26日に鈴鹿8耐予選2回目で転倒をし、負傷をした玉田誠ですが、本日退院した事を発表させて頂きます。玉田はこの転倒で左鎖骨、左肩甲骨、と左脚関節(足首)を骨折、また左手中指の切断をしました。鈴鹿市内の病院へ搬送され、そこで左手中指の緊急オペを行い、その後東京都内の病院に転院….

インド初レースをダブルウィンで飾る!
インド初レースをダブルウィンで飾る!

2011年以来2年ぶりのインドでの開催となった、アジアロードレース選手権シリーズ第3戦。その舞台となったマドラス・モータートラック(全長3.717km)はインドの東海岸にある都市、チェンナイの郊外に位置をするサーキット…..

インドラウンドで今季初フロントローを獲得
インドラウンドで今季初フロントローを獲得

2年ぶりのインドでの開催となったアジアロードレース第3戦。その2日目に予選が行われ、玉田誠は1’43.593をマークし、2番手で終了。今季初のフロントローからスタートとなった。ポールポジションには玉田のチームメイトであり、また来週の鈴鹿8耐でもチームメイトを務めるアズラン・シャー・カマルザマン。現在のポイントリーダーでもあるアズランはコースレコードでもある1’42.785とひとりだけ42秒台に入れ…..

アジア選手権第2戦インドネシアラウンドで5位と4位
アジア選手権第2戦インドネシアラウンドで5位と4位

開幕戦でアジア初表彰台を獲得玉田誠。だが、喜びよりも悔しいレースとなったのが開幕戦だった。その開幕戦から一ヶ月。アジアロードレース選手権第2戦がインドネシア・センチュールインターナショナルサーキットで開催された。全長3.964kmのこのコースは900メートルの長いホームストレートが有名。だが、それ以上に有名になったのがトラックコンディションの悪さ…..