100 Makoto Tamada Official Website

Suzuka 8 Hours
鈴鹿8耐初監督でチームを7位に導く
鈴鹿8耐初監督でチームを7位に導く

玉田は#22 Honda Team Asiaの監督して参戦した鈴鹿8耐。彼にとっては初の監督業になった。課せられた目標はトップ10以内でのフィニッシュ。この鈴鹿8耐でファクトリーチームや世界で戦って来たライダーが多い中でのトップ10フィニッシュは容易ではないことは誰もが感じていた。起用したライダーは3名。全員がアジア人ライダーで、過去のHonda Team Asiaとは違い、玉田をはじめ、高橋裕紀選手や亀谷長純選手のような日本人エースライダーは起用しなかった…..

鈴鹿8耐Honda Team Asiaチーム監督に就任
鈴鹿8耐Honda Team Asiaチーム監督に就任

この度、玉田誠は「2014 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第37回大会」においてHonda Team Asiaのチーム監督に就任をした事を発表させて頂きます。玉田は2012年から同チームの第1ライダーと鈴鹿8耐に参戦。同チームはアジアの有望なライダーを育成することを目標にするチームです…..

アジアロードレース選手権へのフル継続参戦が決定
アジアロードレース選手権へのフル継続参戦が決定

この度、玉田誠がMUSASHi Boon Siew Honda Racingからアジアロードレース選手権スーパースポーツ600クラスへ継続参戦することを発表させて頂きます。玉田がアジアロードレース選手権にフル参戦するのはこれで2年連続となります。

玉田、無念の欠場もチームは6位入賞
玉田、無念の欠場もチームは6位入賞

2年連続でHonda Team Asiaから鈴鹿8耐に参戦をした玉田誠。チームはアジア人ライダーを育成するために昨年結成された。今年もアジアロードレース選手権からアズラン・シャー・カマルザマンが起用され、レースウィーク直前に第3ライダーとしてロードレース世界選手権Moto 2クラス…..

鈴鹿8耐 予選2回目に転倒。決勝欠場へ
鈴鹿8耐 予選2回目に転倒。決勝欠場へ

“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会に出場中の玉田誠は、大会2日目の午後に行われた公式予選2回目の開始直後にS字で転倒。本人は意識はあったものの、サーキット内にあるメディカルセンターに搬送されました。そこでの診断で骨折の疑いがあり、鈴鹿市内の病院へ搬送されました…..

鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦決定
鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦決定

玉田誠はこの度、三重県鈴鹿サーキットで開催されます「2013 FIM世界耐久選手権シリーズ ”コカ・コーラ ゼロ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会」に参戦が決定しました事を発表させて頂きます。参戦チームは昨年から2年連続となります、「Honda Team Asia」です。ゼッケンは#22。マシンはHonda CBR1000RR。タイヤはブリヂストンです…..