100 Makoto Tamada Official Website

アジアロードレース選手権へのフル参戦決定

〜Speed of Japan公式メディアリリースより〜

玉田誠、2013年の参戦体制について
〜アジアロードレース選手権へのフル参戦が決定〜

Tamadaこの度、玉田誠がMuSASHi Boon Siew Honda Racingからアジアロードレース選手権スーパースポーツ600クラスへフル参戦することを発表させて頂きます。玉田にとっては2009年以来、4年ぶりのフル参戦となります。マシンはHonda CBR600RR。タイヤはダンロップを装着いたします。ゼッケンは100です。

MuSASHi Boon Siew Honda Racingは同選手権において、Hondaのトップチームとして活動。昨年は清成龍一が参戦し、チームにとって初のシリーズタイトルを獲得しております。チームメイトにはアズラン・シャー・カマルザマンが継続参戦いたします。また、兄弟チームである、MuSASHi Boon Siew Honda Racing Malaysiaからは昨年に続きザクアン・ザイディが参戦し、新たに日本から小林龍太の参戦が決まっております。

昨年、玉田はアジアドリームカップのプロフェショナルトレーナーとして、同選手権全戦に参加。今季はチームとシリーズタイトル2連覇を目指すとともに、将来アジア人からチャンピオンが誕生できるよう、ライダーの育成にも力を入れていきます。


チーム名:   MuSASHi Boon Siew Honda Racing
ゼッケンナンバー:  #100
マシン名:  Honda CBR600RR
タイヤメーカー:  ダンロップ
チームマネージャー:  ロドニー・ペー

コメント
■玉田誠
「ファンの皆様!お待たせいたしました!久しぶりにフル参戦することが決まり、今からとても興奮しています。昨年はアジアドリームカップでトレーナーとして参加したので、チームやチームメイトも良く知っています。自分の経験がチームにとってプラスになるように努力したいと思っています。チャンピオンを目指すことはもちろんですが、アジア人ライダーを育成すると言う仕事にも力を注ぎたいと思います。この機会を与えてくれたチーム、Honda、そしてMuSASHiに感謝いたします。どうぞ応援宜しくお願いいたします」

Comments are closed.