100 Makoto Tamada Official Website

オートポリスラウンドも欠場が決定
アズランをサポートする玉田

アズランをサポートする玉田

先週、鈴鹿で開催されたアジアロードレース選手権第4戦で初日に走行はしたものの、チーム判断で棄権をした玉田誠ですが、その後チームと一緒にオートポリスへ移動。オートポリスで今週開催される同シリーズ第5戦出場に向けての準備をしました。

ですが、先週と状態は変わらない事から、チームから玉田に今週も休むように指示があり、欠場が決まりました。チームとしては、玉田が完全な状態で走行するのはリスクが高すぎる事。万一、再骨折などをして、タイトル争いに重要な最終戦で玉田が100%の状態で戦えなくなる事を避けたいため、チームオーダーで今週の欠場が決まりました。

玉田はこのままオートポリスにチームと残り、チームメイトのサポートに携わります。

アジアロードレース選手権シリーズ最終戦は11月21日(木)〜11月23日(土)、カタール・ロサイールインターナショナルサーキットで開催されます。

コメント、玉田誠
「今週も走行をして見てから決めたかったのですが、チームが欠場した方がいいと言う判断に従います。悔しいですが、チームが言うように、最終戦までに完全に治してから全力で戦いと思います」

ロドニー・ペー、チーム監督
「本人はインドでダブルウィンを果たし、モチベーションも上がっていて、ライダーとして走りたいのは理解しています。ただ、チームとしては玉田が走行することによるリスク、万一の場合のリスクなどを考慮しての苦渋の決断になりました。最終戦はタイトル連覇がかかったレースになるので、玉田には100%の状態で戦って欲しいことからも今回は欠場させることにしました。本人はこれでタイトルを獲得する可能性は少なくなりましたが、アズランの初タイトル、そしてチームのタイトル2連覇に彼が最終戦を万全の状態で出場して貰わなくては困ることから欠場の決断をしました」

Comments are closed.