100 Makoto Tamada Official Website

鈴鹿ラウンドは棄権

Suzuka ARRC 2013鈴鹿8時間耐久ロードレースの2日目に転倒をし、その後驚異的な回復を見せ、アジアロードレース選手権第4戦鈴鹿大会に出場を決めた玉田誠。初日に3周の走行をしたが、満足行くライディングができず、怪我の影響がまだ大きいため、チームが危険と判断。今鈴鹿大会を棄権することが決定した。

玉田はこのままチームと残り、チームメイトのサポートに携わり、今大会後にチームと一緒にオートポリスに移動。なお、オートポリスの参戦については現地での状態を見てから判断することになる。

アジアロードレース選手権シリーズ第5戦は9月5日(木)〜9月8日(日)、大分・オートポリスで開催される。

コメント、玉田誠
「プロライダーとして、少しでも可能性があるのなら、出場することは当然だと思うし、またそれをアジアのライダーたちにも知って欲しかった。また、日本で開催されるレースなので、応援に来てくれているファンにも走っている姿を見せたかったです。なので、棄権することは本当に悔しいです。ただ、チームの判断の通り、他のライダーたちにも危険な目に合わせるわけにもいかないのも確かです。本当にチーム、スポンサー、そしてファンの皆さんに申し訳ない気持ちで一杯です」

Comments are closed.