100 Makoto Tamada Official Website

玉田、無念の欠場もチームは6位入賞

〜Speed of Japan公式メディアリリースより〜

玉田誠 ”コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会レポート

2013 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会

開催地:三重県・鈴鹿サーキット(5.821km)
開催日/初日:7月25日(木)予選:7月26日(金)TOP 10 TRIAL: 7月27日(土)決勝:7月28日(日)
天候/初日:晴れ 予選: 晴れ Top 10 TRIAL: 曇り 決勝:晴れ一時雨
#22 玉田誠(Honda Team Asia/HONDA CBR1000RR)

<予選>10番手 ベストタイム2分09秒321 (玉田誠)
<Top 10 Trial> 8番手 ベストタイム2分08秒507 (高橋裕紀)
<決勝レース> 6位 (211周) ベストタイム2分10秒329 (高橋裕紀)

jg130728050H2年連続でHonda Team Asiaから鈴鹿8耐に参戦をした玉田誠。チームはアジア人ライダーを育成するために昨年結成された。今年もアジアロードレース選手権からアズラン・シャー・カマルザマンが起用され、レースウィーク直前に第3ライダーとしてロードレース世界選手権Moto 2クラスでIdemitsu Honda Team Asiaから参戦をしている高橋裕紀が起用された。

チームの目標は6位以内、トップから3周以内の周回遅れでフィニッシュをする事。それに加え、玉田の任務としてはアズランを育てる事であった。玉田は今季、アジアロードレース選手権にフル参戦しており、アズランはチームメイト。現在、アズランが同シリーズのランキングトップにおり、玉田はランキング2位にいる。

久しぶりのフル参戦をしている玉田は、テストから好調な滑り出しをしていた。すぐに2分9秒台で周回をできる仕上がりを見せていた。この好調はレースウィークに入ってからも持続。フリー走行では常にトップ10以内に入っていた。

そして迎えた計時予選1回目。玉田は2分9秒321をマークし、トップ10トライアル進出の権利を得る10番手でこのセッションを終えた。

レースウィークに入り、自分がタイムを出さないとならない責任からか、玉田にしては珍しくナーバスになっていた。そんな中、計時予選2回目が開始。玉田はトップ10トライアル圏外にいたチームで、タイムをあげて来るチームがいるだろうと、タイムをあげないと行けないと思っていた。

jg130728057H玉田はセッティングをさらに変更。まずはその確認をし、納得をしたところで予選用タイヤに履き替え、タイムアタックをする予定だった。その確認ラップをすでに数周していたタイヤで出ていった玉田。アウトラップを終え、最初の計測ラップに入った第3コーナーで事故は起きた。前方にいた、まだスピードに乗っていなかったマシンをアウト側から無理に抜こうした玉田は、そのマシンと接触。転倒した玉田はマシンに挟まった形でセーフティバリアまで滑り、そのバリアに身体が突っ込む。そして後から追って来たマシンが玉田の足に直撃をした。

玉田はすぐに、メディカルセンターに搬送。そこでの診断で左手中指の切断と骨折の疑いがありと診断され、救急車で鈴鹿市内の病院へ救急搬送された。精密検査の結果、左手中指切断、左鎖骨・肩甲骨骨折、そして左脚関節骨折で全治3ヶ月と診断され、ここで玉田の欠場が決まった。

結局予選では玉田が計時予選1回目でマークしたタイムを抜く下位チームは表れず、チームはトップ10トライアルに進出。そのトップ10トライアルは直前の雨の影響で、40分間の計時予選に変更された。そこで、高橋裕紀が2分8秒507とチームベストをマーク。8番グリッドを獲得した。

当初の予定では玉田を入れて、一人3回のスティントで行く予定だったチーム。玉田が抜け、高橋選手が5回、アズランが4回出走することになり、ライダーへの負担が心配された。スターティングライダーを任せれた高橋はスタートで少し順位を落としたものの、すぐにペースを取り戻し、9位でアズランと交代。アズランはペースをキープするも10番手に順位を落とし、再度高橋に交代。ここで高橋が7番手まで順位を上げ、レース終盤までこの順位をキープ。途中でアズランの黄旗無視で30秒のペナルティが課せられるものの、7番手をキープしていた。そして最後のスティント。ピットインで6番手に順位を上げ、最後の走者となる高橋がコースインをした。

tamada_1高橋は5回目のスティントでも体力も精神力も維持をし、6番手をキープ。そしてレースが残り30分のところで鈴鹿に雨が降り出した。この時に同一周回数にいたのは7番手にいた#104 TOHO RACING with MORIWAKIのみだった。チームはフルウェットになったコースでまだスリックタイヤで走行している高橋にピットインのサインを出した。しかし、高橋は自分の判断でピットインをせず、スリックタイヤで走行を続ける。雨脚が弱くなり、ペースを上げて行く高橋。上位陣で一番速いラップタイムを刻みながら、フィニッシュをした。

最終順位は6位。211周を完走し、トップの214周の3周遅れとチームの目標を達成した。

玉田は鈴鹿市内の病院で左手中指の手術を行った。爪の付け根あたりの少し上から肉が抜け落ちた形で骨はほぼ残っていた状態。別の肉を骨のまわりに盛る手術を行い、担当医の話しでは、ほぼ元通りになり、爪も生えてくるだろうと玉田に伝えられた。玉田は7月30日(火)に東京都内の病院に転院。ここで骨折した鎖骨と肩甲骨、そして足首の手術を行う。手術を行わなくても完治すると診断されたいたが、今後のレース出場も考え、手術することを玉田は決めた。手術は今週にも行われ、玉田はリハビリを開始する予定で、レース早期復帰を目指す。

コメント、玉田誠
「本当にアズランと裕紀に申し訳ない気持ちで一杯です。自分のミスでレースから離脱をすることになり、彼ら、チーム、そしてHondaに大迷惑をかけてしまいました。転倒時に巻き込んだ藤島選手にもお詫びをいいたいです。彼が大きな怪我をしなくて、本当に良かったです。アズランと裕紀には凄く負担を掛けたと思います。レースがまだ終わっていないのに、ふたりとも病院に来てくれ、チームの情況を報告してくれた事は嬉しかったです。そして6位入賞を果たしてくれて、本当に嬉しいです。アズラン、裕紀、本当にありがとう。そして、おめでとう!」

Comments are closed.