100 Makoto Tamada Official Website

玉田、今週末セパンで開幕へ

Photo Mar 05, 13 47 442年連続でアジアロードレース選手権シリーズにフル参戦をする玉田誠。その玉田にとって、待ちに待った今季の初レースが今週末、マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで開幕する。今年もフルコースではなく、コース前半のノーストラックを使用して戦われる。

MotoGPやスーパーバイクと10年以上も高出力マシンで走って来た玉田にとって、昨年の開幕はノーマルのHonda CBR600RRにダンロップ製の市販タイヤに慣れることから始まった。苦戦しながら、セッションを重ねるごとに段々と慣れて行った。決勝レース2では1’05.643とコースレコードを樹立して、3位表彰台を獲得した。そして、徐々にマシンにも慣れた第3戦インド大会でダブルウィンを果たし、その時点でランキング2位。後半戦でタイトルを獲得する候補のひとりに躍り出た。

だが、その第3戦直後に開催された鈴鹿8耐の公式予選で転倒。合計すると肩から足にかけて10カ所近くの骨折、そして指切断。その影響で第4戦と第5戦を欠場。最終戦はまだ痛みが残る身体での出場となったが、完走するのがやっとで、玉田にとってはやり残したことが多いシーズンとなった。

その怪我も完治に近い状態で迎えた今季プレシーズンテストは15秒台に入れ、完全復帰をアピールした玉田。今季は同シリーズ、同クラス過去最高のエントリー台数になるとも言われ、熾烈なタイトル争いが繰り広げられるだろう。

Comments are closed.