100 Makoto Tamada Official Website

鈴鹿8耐 予選2回目に転倒。決勝欠場へ

“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会に出場中の玉田誠は、大会2日目の午後に行われた公式予選2回目の開始直後にS字で転倒。本人は意識はあったものの、サーキット内にあるメディカルセンターに搬送されました。そこでの診断で骨折の疑いがあり、鈴鹿市内の病院へ搬送されました。

病院での精密検査の結果、左肩甲骨、左鎖骨、ならびに左足首の骨折が判明し、左手中指の指先欠損と診断されました。これにより、鈴鹿8耐につきましては、欠場となりました事をご報告させて頂きます。

現在の状態ですが、欠損した左手中指の手術を終え、本人はしっかりと意識があります。

また、チームは玉田が予選1回目に出したタイムで予選トップ10入りを果たし、明日のTOP 10 TRIALに出場を決めました。

Comments are closed.